iCloudメール、携帯メール、iMessageの違いと注意点

iPhoneには最初から2種類のメッセージ系アプリ、「メッセージ」と「メール」があり、それぞれ扱える物が違います。
それもあって初心者がわかりにくい面が幾つかありますのでそれをいくつか紹介します。

○携帯メールが使えない
 いままで携帯(ガラケー)しか使ったことのない人が悩むことが多いのがこれ。メールを使うためには最初に「メール設定」が必要です。携帯会社が設定についての案内をくれると思いますのでよく見て設定しましょう。

○携帯メールのアドレスから送りたいのにicloud.comになる
 softbankの場合やauで「MMSを利用」している場合に困るのがSafariなどのブラウザーから「メールを送る」を選んだ時。そうすると「メール」アプリが動いてしまい、携帯メールではなくicloud.comしか出てきません。
面倒ですがメールアプリに出ている相手のメールアドレスを「コピー」するか連絡先(アドレス帳)に登録して「メッセージ」アプリから送りましょう。

○SMSやMMSで送りたいのにうまく送れない
 相手がiPhoneでお互いにiMessageをオンにしている(普通に設定するとオンになる)場合、電話番号宛に送ろうとすると自動的にiMessage(Apple独自の仕組み)で送られてしまいSMSにはなりません。
同じ様にiCloudを作った時に携帯メールアドレスを使うと、携帯メールアドレスもiMessageのアドレスになるため、MMSではなくiMessageで送られてしまいます。
簡単な回避方法は「設定」アプリの「メッセージ」でiMessageをオフにすることかもしれません。

ちなみにiMessageに使われる電話番号とメールアドレスは「設定」アプリの「メッセージ」「送受信」で確認できます。
imessage1imessage2

わかりにくいiCloud(Apple ID)のアドレスはこんな感じに使えます。

 電話番号   090-aaaa-bbbb
 Apple ID   sample@domain.ne.jp
 icloudメール sample@icloud.com

iCloudメール sample@icloud.com
 ○「メール」アプリで自分のメールアドレス
 ○「メッセージ」アプリでiMessageの受信IDと送信ID(選択したら)

電話番号 090-aaaa-bbbb
 「電話」アプリで自分の電話番号
 「メッセージ」アプリでSMSの電話番号
 「メッセージ」アプリでiMessageの受信IDと送信ID(選択したら)

Apple ID sample@domain.ne.jp
 「メール」アプリで自分のメールアドレス(メールの設定をした場合)
 「メッセージ」アプリで自分のMMSアドレス(MMSの設定をした場合)
 「メッセージ」アプリでiMessageの受信IDと送信ID(選択したら)
 「設定」iCloudのサインインID
 「設定」iTunes&AppStoreのサインインID
 「設定」GameCenterのサインインID
 「AppStore」のサインインID
 「iTunes」のサインインID
 「iBooks」のサインインID

この様に色々な場所で使えてとてもわかりにくいですね。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
7人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)