TikTokのサービス規約が恐ろしい件

ふときになってTikTokを入れようとレビューからチェック。
おおむね予想どおりSNS系にありがちなパクリ、誹謗中傷、著作権侵害などのレビューが多数。

でもちょっと待って。
こういうときはまず「サービス規約」がどうなっているか確認しないと。
案の定とても恐ろしい内容が多数見つかりましたw

まずはパクリの件
基本会社では関知しませんよ、アップした人の責任ですから
侵害された人は自分が権利者である証拠をつけて申告してねって感じ

音楽の著作権について
当然アップする人が権利者だよね
アップはTikTok内でそのコンテンツを何度表示してもお金は払わなくて良い許諾が前提だよ
権利の管理団体との交渉も当然アップする人がしてね
ただしTokTokが用意してる音源は無料で使って良いよ

アップしたユーザコンテンツの扱い
会社の方で自由に編集したりコピーしても良いことが前提だよ
#ただしこれがどういう事を意味してるのかは微妙
#表示のためのサムネを作ることやレビュー的な表示のためかもしれないので

私の個人的な解釈なので違っている部分もあるでしょうし、日本語に翻訳されたサービス規約をみたので翻訳時に間違っている可能性もありますからこれを鵜呑みにしないで自分でよく読んでくださいね。

個人的にはとても怖くてアップはできませんw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください