iPhone/iPodのアプリを作るために(7) Certificatesの期限切れ更新

2013.10.31追記
この内容は古いので現状とは合わない部分があるのでご注意ください。

いつの間にかDistribution-CertificatesもDevelopment-Certificatesも期限切れになっていたので再作成しました。普通に説明どおり新しくキーチェーンアクセスでキーを作成してサイン(過去ログ2、3を参照)して新しく「Profile」も作り直しました。

ところがこのあと問題発生。Xcodeでサインができません。
正しく新しい有効期限のProfileを選んでいるのにキー情報に問題がある?みたいなエラーで先にすくまなくなりました。

色々調べたけど原因不明。でもなんとなく期限の切れたCertificatesが悪い気がしたので削除したらすんなり通りました。

たぶん、ですが手順どおり新しくCertificatesを作成してしまったのが間違いだったのだと思っております。本来は以下の様に作成する必要があったのだと思います。

1、キーチェーンアクセスを動かして「ログイン」「自分の証明書」を選んで期限切れのiPhone Developer,iPhone Distribution証明書を見つける

2、三角をクリックして関連づけされている秘密キーを表示

3、秘密キーを右クリックして「”mei sei”を使って認証局に証明書を要求…」
  メールアドレス、名称を入れてディスクに保存

4、あとは普通の手順どおりアップロードしてCertificatesを入手し、キーチェーンに登録

こうすることにより、同じ秘密キーで新しいCertificatesが出来上がるので問題なくサインができるのだと思います(未確認w)

私は1年先にしか試せそうにないのでどなたか試して結果をお教えください。

2011.2.1 追記
 この方法でDeveloperの方はうまく行ったのですがDistributionの方はうまく行きませんでした。期限切れとなった証明書を削除して回復しましたがDeveloperとは条件が違うようです。
違いは名称で、Developerの方には以下のような感じで名前の後ろに識別コードがついています。
iPhone Developer: xxxxx yyyyyy (ABCDEFGH)
上のやり方が良かったのではなく、名称が変わっているために問題が起きていない感じです。次の更新時にどうなるか確認します。

iPhone/iPodのアプリを作るために(7) Certificatesの期限切れ更新」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「Certificates(証明書)」が期限切れだった。 « Studio Heat Lab.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください