月別アーカイブ: 2016年11月

Apple Payを試してみた(iPhone6sとApple Watch 2)

iPhone7(日本販売)でなければSuicaタッチによる乗車はできませんがそれ以外のApple Payなら使えるはず! ということで試してみました。
(ただ2012年以降のMacを持っていないのでMacでの支払いは試せてません)
やってみてわかった注意点は後ろにまとめてあります。

◎まずは色々とりだたされているVISAブランドのクレジットカード
残念ながらiPhone6sのWalletには登録できませんのでApp内支払い、Safariによる支払いには使えません。
しかしカードによってはApple Watch 2のWalletに登録できます。できたのは三井住友カードのVISAカード(ID)とKDDIファイナスのau WALLET VISAクレジットカード(QUICPay)(SaisonのVISAカードも可能ぽいが未登録)
登録はできましたがたぶんMacでの支払いには使えなさそうです。

◎次にJCBブランドのクレジットカード
登録可能なカードだったので普通にiPhone6sのWalletに登録できました。登録できると何に使えるかが表示されるようで「AppとSafariで利用可能」「店舗では利用不可」となっていました。登録が完了するとWatchアプリのWalletに「Watch2に追加」が出て簡単に追加できます。
このApple Watch 2に登録した情報にはQUICPay以外にJCBという表示が出ているのでMacでの支払いに使えそうです。

◎次にSuicaの設定(Apple Watch 2)
残念ながらApple Watch 2だけではSuicaカードの情報をWatchに移すことはできません
Suicaアプリを使って新規にモバイルSuicaを作ることは可能です。
順番に作っていくと最後にApple Watch 2へ転送して使える状態になりますので慌てずに順番に設定しましょう。

◎注意事項など
ここまで読むと簡単にサクッと登録できそうに思えたかもしれませんが実は落とし穴がw
カードの番号などを入れて問題なく検証されると続いて認証手続きが必要になります。この認証手続きが曲者です。

カードの発行会社がいくつかの選択肢から決めたようで、三井住友VISAカードだと「VJA本人認証」アプリ、au WALLETクレジットカードだとSMSによる認証でした。

ですがSaisonカードは電話番号が表示されてそこで認証する必要があるようです。しかもなんら説明はなく電話番号が出ているだけ。実際に掛けてみると普通にお問い合わせ先の番号らしく、ガイダンスを聞いてもトップメニューには「本人認証」なんて無い。また夜だったのでオペレータ対応が無いらしくどうにもならないww

あとモバイルSuicaを作るためには初期チャージが必須で、チャージにはApp支払いに対応したクレジットカードかモバイルSuicaのチャージに使えるクレジットカード番号の入力が必要になります。そしてオートチャージを使いたいのならばApp支払いではなく直接登録できるVIEWカードが必要です。

ちなみにSuicaアプリは「Suica」という名前のペンギンがカードをかざしているアイコンのアプリです。「Suicaチャージ」ではありません。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。