au iPhone4Sのメール、MMSの違いについて

色々試した結果、前回書いたMMSの配置が若干違う事に気がついたのでその補足とリアルタイム受信との微妙な違いについてメモ。

まずはMMSの受信サーバがIMAPと同じかもって書いた件は誤りで別々らしい事が判明。
理由は3MBぎりぎりの画像を添付して送るとメールアプリには届くのにメッセージアプリには届かない場合があるから。若干内部的なヘッダー情報などの長さが違うらしく、最大サイズ3MBの判定が別々に行われているらしい。
なので以下のようにIMAPで受けてMMSへ転送なのかなと推測。

au-MMS

ついでに最大保存容量200MBに達するとどうなるかを検証。

IMAP(旧メールサーバを利用したばあい)
 保存容量が200MBを超えると自動的に古い日付のデータから消えてゆく。(ゴミ箱、受信フォルダーの区別無く古いのから)

MMS
 これは受信したデータがiPhone4Sの中に保存されているので200MBの制限に関係なく保存されるし受信も出来る。(どこまで残せるのか未確認)

Exchange(リアルタイム受信)
 保存容量200MBを超えると、相手にエラーメール(英文のわかりにくいのw)が帰る。どうやら自分で消さないとダメらしい。しかも受信フォルダーから削除しただけではだめで、ゴミ箱に移動するだけなのでそちらも削除しないと受け取れないw

2012/11/13加筆 auのサーバに修正が入り、自動的に古いのから消える様になったらしいです。
http://www.au.kddi.com/iphone/service/keitai.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください