2016年2月Windows Updateで不調になった(Windows 7)その2

2016/7/18 いつの間にかタスクスケジューラで無効にできなくなっています。

2016/3/21 追記
今までの話はすべて無かったことになりそうです。
原因は起動HDDが古くなって不良セクターができたためと思われます。
そのために、WindowsUpdateの確認作業中に不良セクターをアクセスしてしまい、うまくエラーが返ってこないために返事待ちで止まるタスクがすべてに影響していたのだと思います。
動作が不安定だなとおもったら、まずはメモリー、続いてHDDを疑ってみるのもアリかもしれません。

色々なアプリを疑ってみたのですが私のPCだと以下のアプリが悪かったようです。
CompatTelRunner.exe

Windows Update関連のアプリらしく定期的にアップデートが必要か確認しているようです。
起動は「タスクスケジューラ」で行われるため、2件あるスケジュールを無効にすることでとりあえず対処できました。
参考まで。

taskoff

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください