アドレス帳の氏名の登録に注意(メール使用時)

AirDropで名前がばれる?という話を見てて確かに危険な場合もありそうです。
iPhoneやMacの名前を変えてしまえばOKですが、そもそもAirDropを無効にする方がいいかもしれません。

ですがこれよりも怖いのがアドレス帳の氏名の入れ方。

みなさんスマホ、iPhoneやパソコンなどのアドレス帳にはだれを登録していますか?家族、お友達や仕事仲間などある程度の人数を登録していると思います。

その時に相手の方の「氏名」はどの様に入れているでしょうか。ガラケーの時の名残で、並べ替えの優先順位や検索時の愛称などを入れてたりしませんか?実はアドレス帳(住所録)の「苗字」「名前」欄には余分な情報を入れてはいけません。

なぜならばメールを送る時に「自動で付加」されるから。
例) to: 苗字 名前

パソコンのメールソフトは画面も大きく、宛名も全体が表示されるので気がつくと思うのですが、スマホやiPhoneの場合には省略されていてどういう感じで送られているのかわかりにくいです。

機種によって若干違いもありますので、心配ならばご自身のパソコンメール宛に送って確認するといいと思います。
相手に不愉快な思いをさせないためにも注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください