楽天モバイルは主回線に向かない事例

追記
一応数日で元通り開通しました。

どこのモバイル回線でもトラブルは付き物です。
しかし楽天モバイルなどの様に基本的にはWebでのサポートになるタイプでは不具合が起きた時の対応が問題になる場合があります。
割と近くに店舗がありそこでサポートされるau、ソフトバンク、ドコモならば営業時間に店舗に行けばたとえSIM自体のトラブルでも多くの場合その日に解消できます。

しかし楽天モバイルや最近流行のahamo、povo、LINEMOのような店舗によるサポートがない場合にはどうしても数日のタイムラグが発生してしまいます。
この様なモバイル回線はやはり主回線として使うのは問題だと思います。

という私も現時点で不具合により使えなくなっていますww
経緯と経過はこんな感じ。

4月1日の早朝に誤ってeSIMを消してしまい再発行手続きをする。
翌日再発行できたか確認するが準備中のまま。
急ぐものでもなかったのでもう1日待ってみたがやはり準備中。
さすがに変だと思い問い合わせようとチャットを飛ばす。
しかし土曜日(3日)なのでチャットに返事はなく月曜日(5日)にやっと返事が。

ここで明らかにスキル不足のサポート人がいくつかの質問を送ってきて返信。
最終的に「もう一度開通手続きをしますので数日かかります」と返事が。

そしてチャットは切られてしまいましたww

さて今月中に開通するでしょうか。
また電話番号はそのまま使えるのかな。

何にしても主回線として使うのは無理だと思い知らされた数日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください